刊行物

大和総研調査季報

頒価
1部2,376円(送料共・内:消費税176円)
年間購読
8,553円(送料共・内:消費税633円)
編著者
大和総研 調査本部
発行
大和総研 調査本部
年4回(1、4、7、10月)発行、A4版、約120頁
購読申込
購読をご希望のお客様は、こちら新しいウィンドウで開きますからお申し込みください。
※株式会社パイプドビッツのWebサイトへと移動いたします。

内容

大和総研 調査本部が、その長年にわたる知識と経験の蓄積を結集し、経済、金融資本市場及びそれらを取り巻く制度を含め、的確な現状分析に基づき、将来展望を踏まえた政策提言を積極的に発信していくとのコンセプトのもと、2011年1月に創刊いたしました。

2015年4月春季号 Vol.18

目次

レポートの全文を公開しております。

巻頭言
複雑性をひも解く関係性
引頭 麻実
特集:世界の金融政策を概観する
主要国の金融政策
~日本・米国・ユーロ圏、そして中国の金融政策の現状と今後~
小林 卓典
量的・質的金融緩和の展望
~効果、限界、リスクの検証~
久後 翔太郎
米国金融政策の出口に向けた課題と展望
土屋 貴裕
未知の世界に挑むECB
~ついに国債買取を開始~
山崎 加津子
中国の金融政策の現状と問題点、必要とされる将来への備え
齋藤 尚登
異次元金融緩和が企業金融に与えた影響
太田 珠美