刊行物

大和総研調査季報

頒価
1部2,376円(送料共・内:消費税176円)
年間購読
8,553円(送料共・内:消費税633円)
編著者
大和総研 調査本部
発行
大和総研 調査本部
年4回(1、4、7、10月)発行、A4版、約120頁

内容

大和総研 調査本部が、その長年にわたる知識と経験の蓄積を結集し、経済、金融資本市場及びそれらを取り巻く制度を含め、的確な現状分析に基づき、将来展望を踏まえた政策提言を積極的に発信していくとのコンセプトのもと、2011年1月に創刊いたしました。

2013年1月新春号 vol.9

目次

レポートの全文を公開しております。

  1. 新春を迎えて
  2. 武藤 敏郎
巻頭言
環境変化に直面する国際援助機関
金森 俊樹
電力問題の解決と日本の成長戦略
~強靭・低炭素な電力システムへ~
溝端 幹雄
中小企業金融のリスク偏在を考える
太田 珠美
公的ファンドによるインフラ投資・環境投資の可能性と限界
鈴木 裕
なぜ債権法は改正されるのか
鳥毛 拓馬
女性をとりまく社会保障制度と税制
~最大の課題は「130万円の壁」~
是枝 俊悟鈴木 準
ダイバーシティ経営:いまだ「女性」が課題の日本企業
~変えるには何が必要か~
河口 真理子
戦略調整が求められるユーロ圏危機対策
~財政危機国の景気配慮へ~
児玉 卓
勝ち組ドイツに潜む不安
~ 2013年総選挙の争点から~
山崎 加津子
中国共産党新指導部の特徴と経済政策
~安全第一。5年後に改革志向が強まるか?~
齋藤 尚登

購読申込

購読をご希望のお客様は、こちら新しいウィンドウで開きますからお申し込みください。
※株式会社パイプドビッツのWebサイトへと移動いたします。