書籍

この1冊でわかる 世界経済の新常識2018

定価
1,500円(税別)
著者
熊谷 亮丸 監修、大和総研 編著
発行
2017年12月5日 256P
発行所
日経BP社

内容

「日本経済に関するニュースを見ているだけでも、変化が激しくて先を読むことが難しいのに、世界経済の動きともなると、複雑な要素が絡み合っていて現状を理解するだけでも大変・・・」こうした悩みにお応えする目的で執筆されたのが、「この1冊でわかる 世界経済の新常識2018」です。

今年で3年目となるこのシリーズでは、2年目に入った米国トランプ政権の課題、Brexitや難民問題に揺れる欧州、共産党大会終了後の中国などをはじめとした世界経済、人手不足や地方創生などの課題を抱える日本経済、そしてTPPを始めとした経済連携協定について、わかりやすく解説しております。
この1冊を読めば、世界経済に関する基礎知識を習得すると同時に、世界経済の展望が開けるでしょう。

目次

  1. 第1章米国経済 中間選挙に向けトランプ政権は巻き返しなるか
  2. 第2章欧州経済 遠心力と求心力のせめぎ合い
  3. 第3章中国経済 すべては「党大会」と「核心」のために
  4. 第4章新興国 外部環境の好転を活かす国、活かせない国
  5. 第5章経済連携協定 メガFTA時代の中で
  6. 第6章長期化する日本の景気回復 実感に乏しい低空飛行が続く
  7. 第7章日銀の金融政策 黒田日銀の5年間を検証する
  8. 第8章人手不足 気づけば労働市場はバブル時代の様相
  9. 第9章地方創生 活力ある日本社会への処方箋