書籍

バーゼル規制とその実務

定価
7,500円(税別)
著者
吉井一洋鈴木利光/金本悠希/菅野泰夫
発行
2014年2月18日 840p
発行所
一般社団法人 金融財政事情研究会

内容

本書は、2007年2月に発行した「よくわかる新BIS規制-バーゼルⅡの理念と実務」を7年ぶりに改題改訂したものです。バーゼル規制は、国際的に活動する銀行の自己資本・流動性の規制枠組みです。わが国では、国内で活動する銀行にも、内容を一部修正して適用されます。2013年から段階的な適用が開始されているバーゼルⅢの見直し内容は多岐にわたります。自己資本比率の資本水準の引き上げ(普通株式等Tier1比率、Tier1比率の最低水準の引き上げ)、分子の見直し(自己資本の定義の厳格化)、リスク捕捉の強化(カウンターパーティ・リスク等)、プロシクリカリティの緩和(資本保全バッファー、カウンターシクリカル・バッファーの導入)、そして流動性規制(流動性カバレッジ比率、安定調達比率)、レバレッジ比率およびグローバルにシステム上重要な銀行(G-SIBs)への資本上乗せ規制の新たな導入等が謳われています。さらに、多様な経過措置が設けられています。本書は、このように複雑なバーゼル規制全体の内容を整理し、Q&A形式(117項目)で解説しています。解説にあたっては、2013年11月末までに公表されたわが国の規制、告示、Q&Aや監督指針を可能な限り盛り込んでいます。また、バーゼル2.5やバーゼルⅢの導入の影響を、大和総研独自のアンケート調査を踏まえて分析しています。

目次

  1. 第1章旧BIS規制(バーゼル規制)の概略(バーゼルⅠ、Ⅱ)
  2. 第2章新規制(バーゼル2.5、Ⅲ)の導入の経緯
  3. 第3章信用リスク規制
    1. 融資・債券
    2. 株式等
    3. ファンド等の取扱い
    4. 重要な出資等の取扱い
    5. 証券化
  4. 第4章マーケット・リスク規制
  5. 第5章オペレーショナル・リスク規制
  6. 第6章自己資本(国際統一基準行)
  7. 第7章自己資本(国内基準行)
  8. 第8章銀行自身の自己資本戦略と監督当局の検証
  9. 第9章ディスクロージャー
  10. 第10章銀行のコーポレート・ガバナンスとバーゼル規制
  11. 第11章バーゼル2.5およびバーゼルⅢ導入の影響
  12. 第12章バーゼルⅢ後の動き