書籍

経済ナゾ解き隊—お金のホントを知る—

定価
1,000円(税別)
著者
岡野 進
発行
2012年5月31日 237p
発行所
朝日学生新聞社

内容

長年、エコノミストとして経済の動きの最前線に立ち会ってきた著者が、考える子どもを念頭に、お金をキーワードとして、わかりやすく語りかけます。経済というものを基本から知りたい、考えたい大人にもおすすめの本です。

日本は今、原子力発電所の再稼動、巨額の財政赤字、年金、経済格差など、様々な問題に直面しています。これらの根底にあるのは、お金です。お金は命の次に大事なものと言われることがあります。お金というとすぐにお札を思い浮かべがちですが、本当はどういうものなのか、どんなふうに働くものなのか。

本書は、お金の始まりから昨今の国際的な金融危機まで、経済全体をわかりやすく解説しています。一通り読めば、世界の経済の流れが見え、世の中をかしこく生きる知恵として、お金の常識を理解することができます。

目次

  1. お金のナゾ
  2. 生産の発達
  3. 技術の進歩
  4. 市場の働き
  5. 働くこと
  6. 外国との経済関係
  7. 企業の役割
  8. 家の中のお金
  9. 景気は良くなったり悪くなったり
  10. 政策や制度を支えるお金
  11. 金融―お金の取引
  12. 国民経済計算―国の家計簿
  13. 経済Q&A