書籍

世相でたどる日本経済

定価
667円(税別)
著者
原田 泰
発行
2005年6月1日発行 272p
発行所
日本経済新聞社(電話:03-3270-0251)

内容

戦前期の日本は、現在よりも経済的にはずっと自由な国だった。社会的、政治的に、自由が現在よりも制約されていたとしても、この経済的自由の中で、日本は素晴しいことを成し遂げていた。江戸時代から第二次世界大戦に至る日本経済を、映画や当時の世相を織り交ぜながらたどり、今日の日本経済を形づくる「原型」を探る歴史読み物。

目次

  1. 日本の成功はプロフィット・シーキング活動による
  2. 江戸のマーケット・メカニズム
  3. 開国と維新のインパクト
  4. アジアのイギリスを目指して
  5. 繊維が支えた工業化の成功
  6. 市場経済への批判始まる
  7. 第一次世界大戦後経済の憂鬱
  8. 盛んな都市間競争
  9. 会社人間あらわる
  10. 補助金行政ことはじめ
  11. 金融恐慌の教訓
  12. 金解禁と恐慌による体制の崩壊
  13. 現代を縛る太平洋戦争
  14. 別の道はなかったのか