書籍

長期不況の理論と実証
日本経済の停滞と金融政策

定価
3,800円(税別)
編著者
浜田 宏一/原田 泰(内閣府経済社会総合研究所)
発行
2004年7月29日発行 22cm・239p
発行所
東洋経済新報社(電話03-3246-5467)

内容

デフレは、貨幣的な現象である。
1990年代の日本はなぜ長期停滞に陥ったのか。金融政策の影響、為替レートの影響、名目賃金の下方硬直性、デフレ下の実質資本コストなど、様々なチャネルを通じての実証を試みる。

目次

  1. はじめに
  2. 序章平成不況の金融的要因
  3. 第1章平成不況の性格は何か
  4. 第2章日銀理論とは何か:
    名目短期金利ゼロの下限と金融政策
  5. 第3章信用乗数の変化はいかに説明できるか
  6. 第4章為替レートは金融的要因で説明できるか
  7. 第5章銀行貸出、マネー、その他の資金調達手段の優位性
  8. 第6章経済学ではデフレーションを説明できないのか
  9. 第7章マクロ計量モデルによる歴史的シミュレーション:
    1990年代の金融政策の効果
  10. 第8章賃金の硬直性と金融政策の重要性
  11. 第9章デフレ期待と実質資本コスト:
    ミクロデータによる90年代の設備投資関数の推定
  12. 第10章どうすればデフレ期待を反転できるか:
    国民生活モニター調査(個票)による検証