アライアンスクラウド メンバーインタビュー

標準化されたクラウド環境「アライアンスクラウド」実現へ

近い立場にあるユーザー系IT企業と連携し、ミッションクリティカルな基幹系システムの稼働に耐え得るクラウド環境「アライアンスクラウド」の実現を推進しています。

ユーザー企業にとって望ましいクラウド環境の実現に向けて

大和総研
クラウドサービス部長

新林 浩司

2010年当時、多くのユーザー企業は業務やサービスごとに独立したシステムの乱立に悩んでいました。分散したシステムごとに開発・保守やインフラ設計・運用にあたらねばならず、ITコストの肥大化を招いていたからです。この問題は、大和総研グループにおいても頭の痛い問題でした。

こうした状況の打開策として、プライベートクラウドや統合インフラの整備を検討していた際、大和総研グループは1つの発想にたどり着きました。それは、ベンダーからの提案を待つのではなく、「ユーザー企業である自分たちが主導権を握り、使いたいシステムをベンダーに実現してもらうこと」でした。複数メーカーの製品を選択肢として持ち、異なる機種が混在していても同等以上の効果が得られる「Anyサーバー、Anyストレージ」という概念のもと、ユーザー企業にとって望ましいクラウド環境を自ら創り出すことにしたのです。

立場が近い異業種の2社と連携し、「アライアンスクラウド推進ソサエティ」を結成

大和総研
クラウドサービス部 副部長

室橋 和紀

大和総研グループはこの考えの実現に向け、情報システム・製品の標準化を進めるべく、各メーカーに協力を依頼し、1つ1つの技術検証を進めました。しかし、自社の活動だけでは時間やコストなどの制約もあり、思うように進行できません。そこで、大和総研グループの考えに賛同してもらえる企業と協業することを選んだのです。

パートナー企業には、大和総研グループと立場が近く、基幹系システムで実績があるユーザー系IT企業を想定。あえて異業種の企業から参画を募ることで、異なるノウハウを互いに補完し合い、業種の枠を超えた標準化の実現を図りました。

協業に挙手してくれたのは、新日鉄住金ソリューションズと、パナソニック インフォメーションシステムズ。2社とも、大和総研グループと同様ITコストの肥大化に悩んでいたことが、ユーザー主導のクラウド環境標準化という考え方への賛同につながりました。また、「1社の全体最適にとどまらず、企業間、業界、最終的にはユーザー全体の全体最適を図る」というコンセプトの大きさにも、共感していただけたようです。

2010年10月、大和総研グループは新日鉄住金ソリューションズ、パナソニック インフォメーションシステムズと連携し、「アライアンスクラウド推進ソサエティ」を結成しました。

ミッションクリティカルな基幹系システムの稼働に耐え得るクラウド環境を目指して

新日鉄住金ソリューションズ
ITインフラソリューション事業本部
ITエンジニアリング事業部長

北沢 聖氏

まずアライアンスクラウドでは、標準化を進めていく上でのキーワードを、「仮想化」と「集約化」に定めました。仮想化と集約化によってクラウド基盤を標準化し、複数システムに用いているITリソース使用状況を「見える化」します。これは、余剰のITリソースを他システムで使用可能にして、大幅なコスト削減を実現することが狙いです。また、国内外の拠点でそれぞれ個別にシステムを管理しているユーザー企業にとって、本社のIT部門で一元管理するといったITガバナンスが実現しやすくなります。

また、クラウド基盤の標準化にあたり、「ミッションクリティカルな基幹系システムの稼働にも対応するクラウド」を目指すことを決めました。つまり、大規模な金融システムにも対応できる高い可用性や信頼性、さらにセキュリティレベルなどの各要素を満たすクラウドモデルの実現に取り組むことにしたのです。

「設計」、「検証」、「選定」というサイクルを、一定期間ごとに実施

パナソニック
インフォメーションシステムズ
執行役員
技術開発・新事業担当

田中 啓介氏

アライアンスクラウドでは、複数種のシステム・機器を組み合わせて、標準モデルをいくつか設計し、運用時にクラウドとして使えるのかを実証して、標準の構成を選定。この「クラウド設計」、「技術検証」、「標準選定」というサイクルを一定期間ごとに進めていくことで、標準化に向けた活動を進展させていきます。

2011年1月から進めてきた第1サイクルでは、「どこまで標準化するのか?」という手探り状態の中で、各社の意見を取りまとめ、擦り合わせていく作業に多くの時間を費やしました。

また、多数の大手ベンダーから支援を得て、横浜市にある新日鉄住金ソリューションズのシステム研究開発センター内に、専用の検証施設「アライアンスクラウド検証センター」を開設。さらに、そこと大阪府門真市の検証センター(パナソニック インフォメーションシステムズ内)をインターネットで接続し、2社間で広域ディザスタリカバリの検証ができるように拡張しました。400km以上の距離を隔てた環境間で検証を行うことで、より実際の環境を想定した検証ができるようになりました。

このような検証で得たデータや知見を基に、あらかじめ定めた「アライアンスクラウド標準構成」の基準に照らし合わせ、検証報告書などの成果物をまとめます。また、品質向上に役立ててもらうため、協力ベンダーにもこの内容をフィードバックしています。

「アライアンスクラウド」の理想形に近づくため、継続的にレベルアップを図る

現在の検証サイクルも佳境に差しかかっていますが、「アライアンスクラウド」の理想形を実現するには、まだまだ解決すべき課題が残されています。課題を1つ1つ解決していくことで、少しでも理想に近づけるように、これからも継続的にレベルアップできるよう努力していきます。

  • 部署名・役職名は、インタビュー当時のものです。
  • この記事は2012年12月に掲載したものです。

お問い合わせ

このコンテンツに関するお問い合わせは大和総研が承ります。

お問い合わせ