大和総研リーディングアジア

農林水産省より「平成29年度海外農業・貿易投資環境調査分析委託事業(グローバル・フードバリューチェーン推進官民協議会事務局業務及び東南アジア諸国との政策対話等)」を受注しました

2017年8月2日

我が国の食品関連企業の「強み」を活かし、農林水産物の生産から加工・製造、流通、消費に至るフードバリューチェーンの構築を各国と協力して進めていくための指針「グローバル・フードバリューチェーン戦略」に基づき、食のインフラシステムの輸出による食産業の海外展開を促進することが重要な政策課題となっている。

当事業は、農林水産省主催の「グローバル・フードバリューチェーン(GFVC)推進官民協議会」の実施及び同省が取り組む「二国間政策対話(ベトナム、タイ、インドネシア、カンボジア、ミャンマー)」の効果的・効率的な実施の支援などを通じて、我が国食品企業の海外展開の促進を図り、各国におけるフードバリューチェーン構築を推進することを目的としている。具体的には、①GFVCの会合運営及び事務局業務補助、②二国間政策対話及び官民ミッションの実施支援、③生産・流通・投資環境調査(インドネシア)、④事業化可能性調査(カンボジア)、⑤海外展開取組事例集の作成を行う。

お問い合わせ

アジアに関するお問い合わせは大和総研が承ります。

お問い合わせ