大和総研リーディングアジア

経済産業省より「平成28年度エネルギー使用合理化促進基盤整備委託費(EV・PHVの充電インフラに関する調査)」を受注

2016年12月21日

本事業では、EV・PHVの充電インフラ整備を促進するために経路充電・基礎充電に関する諸課題を整理し、関係者でそれら課題や解決方針等を共有しながら日本国内のベストプラクティスを整理する。これらのタスクを通じて充電インフラ整備を促進し、もって①CO2排出量削減、②エネルギーセキュリティ対策、③次世代自動車産業の育成という目標を達成すべくEV・PHVの普及に貢献することが本事業の目的である。

また2016年11月26日に北京の国家会議センターにて開催され、世耕経済産業大臣が出席された日中省エネルギー・環境総合フォーラムにおいて新エネ車・自動車知能化分科会での発表が予定されていたことから、①昨年度の当該調査研究成果、②本年度の継続協議の内容、③本事業における上述の国内調査・検討内容の一部のとりまとめを行うことも本事業の目的の一部を構成している。

お問い合わせ

アジアに関するお問い合わせは大和総研が承ります。

お問い合わせ