大和総研ビジネス・イノベーション
プロジェクトのリスク低減

1. プロジェクトの審査制度

システム構築において、プロジェクトに対するリスクコントロールの仕組みを制度化しています。
プロジェクトの提案段階から完了に至る一連の流れの中で、事前審査会、進捗審査会、ならびに事後審査会の運営をベースに、プロジェクトを監理しています。各審査会ではプロジェクトを円滑に遂行するための指導を行うとともに、必要に応じてプロジェクトの支援を実行しています。

企画・見積~提案の段階で事前審査会が行われます。受注、立上の後、実行段階では進捗審査会が行われます。完了後に事後審査会が行われます。

事前/進捗/事後審査会

事前審査会
お客さまに提案を行うにあたり、計画の妥当性、実現性に関する審査、指導、改善を実施しています。
進捗審査会
プロジェクトは、リスクランクに応じて月次報告書の提出が求められます。報告書にはEVM(※)による進捗評価に加え、数百のチェック項目を基とするリスク評価等が含まれています。プロジェクトは、品質、コスト、納期、リスクの視点から審査され、状況に応じて進捗審査会を開催し、より詳細な審査ならびに指導、支援を実施しています。
事後審査会
プロジェクトの完了後には、プロジェクト計画に対する実績の評価を実施しています。仮に、乖離がみられた場合には事後審査会を開催し、課題解決を図ることで再発防止につなげています。
  • EVM:Earned Value Management 予算および予定の観点からプロジェクトの遂行状況を定量評価する技法

2. 情報共有

品質の向上活動や、プロジェクトの審査会から得られたノウハウは、経験に基づく生きた情報(ナレッジ)として社内に発信しており、全社で共有されています。また、蓄積されたノウハウをもとに、各種研修や説明会を開催することで、人材育成を通じた品質向上にも努めています。

プロマネハンドブック 特プロかわら版 プロジェクト白書