個別経営課題対応型コンサルティング グループ経営

グループ経営とは、一定の資本関係にある企業グループが、企業グループ全体としての企業価値向上に向けての取り組みを行うことです。
世界的な経済危機に加え、少子高齢化社会の到来、グローバル化の進展により、企業間競争環境が大きく変化してきています。変化する競争環境に迅速に対応するために、グループの経営資源を最適化し、事業ポートフォリオの再構築によるグループ経営の強化が不可欠であるといえます。
グループシナジーを極大化するための、グループビジョンやグループガバナンスなどの仕掛けづくり、グループ再編戦略構築(組織再編、持株会社化・解消、事業ポートフォリオ再構築)などを支援いたします。

特長1

「グループビジョン」「選択と集中」をキーワードにグループ企業の見直し、事業ポートフォリオの再構築など、グループシナジーを極大化する仕組みづくりが重要になります。グループ企業価値を最大化するための、課題解決に向けた議論を支援いたします。

特長2

グループ経営を円滑化させるためには、「権限委譲」と「グループ求心力」のバランスが重要になります。求心力を保ちつつ各事業の自主性による事業拡大を図る仕組みづくりや、グループガバナンス体制の構築をサポートいたします。

特長3

組織再編や持株会社化コンサルティングなどのグループ戦略で数多くの経験を積んだコンサルタントが、中長期的な視点でグループ経営をサポートいたします。

お問い合わせ

コンサルティングに関するお問い合わせは大和総研が承ります。

お問い合わせ

コンサルティング

コンサルタント

セミナー