<実践>経営ビジョン・経営計画 <実践>コーポレートガバナンス
【経営企画部 業務必携】コーポレートガバナンス・コード時代の企業価値創造プロセス(6)

チャーミングなストーリーラインを目指して

2015年11月19日

  • 経営コンサルティング部 主任コンサルタント 林 正浩

サマリー

◆コーポレートガバナンス・コードに準拠しComplyをいくら積み上げても、現場の毛細血管に達するまで関連する課題が数多く顕在化するだろう。企業価値創造の本質を踏まえ、経営企画部門は現場とも正対し、こうした課題解決のために骨を折る局面も想定される。但し、同部門の肥大化は避けなければならない。

◆事業別ハードルレートの検討に際しては、いわゆるポートフォリオ理論に基づく統計解析が「ファクト&ロジック」のベースとなる。定量化は必須だが、一方で数字に拘泥するあまり、本質を見誤らないよう細心の注意が必要だ。

◆事業ドメインの定義をクリアにし、同時に各々のドメインに経営資源を帰属させる過程では、純粋持株会社によるグループ経営への移行も視野に入る。グループ内の事業ポートフォリオを最適化する盤面として、あるいはグループ価値創造の推進力であるM&Aを迅速に進めるための「エンドレス機構」として持株会社体制への移行は有力な選択肢となるだろう。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

執筆者紹介

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー