<実践>経営ビジョン・経営計画
なぜ米国企業は中計を発表しないのか

市場、ガバナンス、経営戦略に見る日米の相違と日本企業への示唆

2015年10月22日

  • コンサルティング・ソリューション第一部 コンサルタント 枝廣 龍人

サマリー

◆国内の経営・市場関係者にとって馴染みのある中期経営計画であるが、米国では日本のように体系的でまとまった経営計画や財務目標数値を発表する企業は少ない。日本ではTOPIX Core30社のうち25社が中期経営計画を発表しているが、日本型の中期経営計画に形式を限定すれば、米国ではNYダウ30社のうち2社が発表しているのみである。

◆このような違いはなぜ生まれるのだろうか。主な要因は(1)米国では業績ガイダンスの形式が厳格には決められていないこと、(2)米国の経営者は未達リスクの高い中長期経営計画を発表しにくいこと、そして(3)産業構造の変化を繰り返してきた米国では中期経営計画は経営戦略のひとつに過ぎないことの3点であると筆者は考える。

◆日本の投資家が企業に対し積極的な将来情報の開示を求める点は今後も変わりないと見られるが、コーポレートガバナンス・コードの導入などにより、日本企業が置かれる環境は米国型に近づいている。中期経営計画は市場関係者にとって重要な投資判断材料であり続けるが、その内容や形式については米国同様に企業独自の形式が広がるであろうし、広がるべきだろう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

執筆者紹介

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー