<実践>経営ビジョン・経営計画
人口動態から見た2025年問題

2025年の人口動態はどのようなものか?

2014年8月22日

  • 経営コンサルティング部 主任コンサルタント 岩田 豊一郎

サマリー

◆少子高齢化にともなう人口減少問題のメルクマールとして、団塊の世代が全て後期高齢者(75歳以上)になる2025年が注目されている。

◆2025年は人口における次のボリューム層である団塊ジュニア世代が全て50歳代になる年でもある。

◆50歳代は消費および労働力の両面で大きな影響を与える年代であり、ライフスタイルが変化する時期でもある。ビジネスの視点では団塊の世代以上に団塊ジュニア世代を注視する必要性がある。

◆人口動態から、団塊の世代では地域差が小さいが、団塊ジュニア世代については大都市圏と地方圏で大きく異なる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

執筆者紹介

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー