<実践>経営ビジョン・経営計画
経営哲学探究への招待(1)

経営の柱としてのbeingとbecoming

2014年2月3日

  • 経営コンサルティング部 主任コンサルタント 林 正浩

サマリー

◆経営哲学は経営学の中に明確に位置づけられているとは言い難く、経営の現場においても正確に理解されていないように見受けられる。結果として経営哲学は「お題目」として店晒しとなっているのではないだろうか。

◆複雑性と不確実性が増幅する現代社会において「being(どうあるべきか)」と「becoming(どう成るべきか)」の重要性は益々高まっている。このことは経営の現場でも同様であろう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

執筆者紹介

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー