<実践>サステナブル経営
老舗企業Louis Vuittonの繁栄の要因を探る

ヒストリカル分析による企業の長期的な維持・発展についての考察

2015年8月21日

  • コンサルティング・ソリューション第二部 コンサルタント 佐藤 翔

サマリー

◆企業も生き物であり、誕生(創業)があれば死(倒産)もある。組織形態を変え、業態転換をして、生き残りを図る企業もある。なかには100年以上も続く老舗企業も存在するが、老舗企業のその長期に渡る繁栄の要因は何か。

◆本レポートでは、企業が長期に渡って繁栄する要因について、その企業の辿ってきた歴史を紐解きながら分析するヒストリカル・アプローチの手法を用いて考察を試みる。分析対象として取り上げるのは、フランスの老舗高級品ブランド「Louis Vuitton」である。

◆Louis Vuittonは旅行用トランクの工房にその起源がある。現在ではファッションや小物、香水、時計といった商品までも取り扱っている。また、Louis Vuittonの持株会社であるLVMHは売上高4兆円を越える超巨大企業であり、傘下にはLouis Vuittonの他にも高級なシャンパン、革製品、時計など多くのブランドを抱えている。それらの高級ブランドの中でもLouis Vuittonは圧倒的な存在感を示している。

◆ファミリーによる経営からプロ経営者による経営に変わり、次に単独企業から持株会社の傘下の一企業へ変わり、さらにフランスの老舗企業であるにも関わらずニューヨーク出身の若手デザイナーを起用する等、変化を恐れないどころか率先して変化しているようにも見える。

◆ヒストリカル分析による考察の結果、筆者は次の2点について、経営者がどう定義付け、コントロールしていくかということが、企業の長期に渡る繁栄の要因と結論付けた。一つは「時代に合わせて自らを変えていくこと」、もう一つは「時代が変わっても変えないこと」である。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

執筆者紹介

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー