オリンピック・パラリンピック
あらためて東京オリンピックのレガシーを考える

2020年の大会で何を遺産(レガシー)として残せるのか

2014年3月26日

  • コンサルティング・ソリューション第三部 主席コンサルタント 中野 充弘

サマリー

◆「オリンピック・レガシー(遺産)」とは「オリンピックが開催都市と開催国にもたらす長期的・持続的効果」の概念である。2000年のシドニー大会以降、国際オリンピック委員会(IOC)は、オリンピック・レガシーを重要視するようになった。そこで、今回はこれまでの関連レポートを振り返りながら、あらためて2020年東京オリンピック・パラリンピックのレガシーについて考えてみた。

◆「コンパクトな大会」「バリアフリー」が2020年大会のキーワードだが、加えて「スポーツを生活に取り入れる」や「文化的な交流」なども注目すべきである。高齢化と国際化への取り組みが加速すると思われる。

◆とりわけ高齢化社会への対応が注目される。スポーツを通じた健康維持、高齢者にもやさしいICT(情報通信技術)の開発、バリアフリーな街づくりが期待される。

◆夏休み時期に開催されることで、国民が一体となった取り組みも可能となるだろう。ボランティアへの参加なども期待される

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー