地域活性化・地方創生
統合型リゾート(IR)開設の経済波及効果(2017年版)

建設の効果は約5.1兆円、運営の効果は年間約2.0兆円と試算

2017年5月15日

  • 経営コンサルティング第一部 主任コンサルタント 米川 誠

◆昨年12月にIR推進法が可決・施行された。現在、今秋の臨時国会への実施法案提出に向けて、運営方法や規制のあり方等について、検討が始まっている。

◆本稿では、前回(2014年)推計時の前提条件を一部見直すとともに、IRを横浜、大阪、北海道の3箇所に開設し、それぞれシンガポールと同規模のものを建設し、同程度の収益を上げると仮定した場合の経済効果を試算した。

◆その結果、IRの建設による経済波及効果(生産誘発額)は約5.1兆円、IRの運営による経済波及効果は年間約2.0兆円となった。

◆ただし、入込客数が想定以下だった場合は、結果的に経済波及効果も想定以下となる。海外から多くの誘客が見込める日本ならではの魅力的なIRの整備・運営が成功のカギとなろう。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

執筆者紹介

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー