地域活性化・地方創生
北陸新幹線の開業による地域経済活性化と課題

2015年1月9日

  • コンサルティング・ソリューション第三部 主任コンサルタント 米川 誠

サマリー

◆2015年3月14日、北陸新幹線の長野-金沢間が開業する。これにより、これまで4時間近くかかっていた東京-金沢間が2時間半に短縮するなど、首都圏と北陸地域の移動時間が大幅に短縮し、北陸は新時代に入る。

◆整備新幹線は沿線地域の輸送時間の短縮など利便性向上のほか、企業立地における魅力の向上、交流人口の増加など様々な効果が期待される。すでに、北陸新幹線開業を見越して、地価上昇や企業立地の増加等さまざまな効果が現れている。

◆新幹線開業によって、首都圏から多くの観光客が期待できるなど、多くの正の可能性を秘めている。他方、消費や企業が首都圏に流出するいわゆるストロー効果や、並行在来線及び航空路線の維持など、多くの課題があることも事実である。

◆地元自治体や企業が新幹線開業後に生じる課題を単独で解決することは困難である。沿線自治体や事業者が連携して、地域の魅力を向上させる取組が必要であろう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

執筆者紹介

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー