<実践>イノベーション経営
日本企業に今求められる新セグメント創造のイノベーション(前編)

「俯瞰する」「再定義する」がキーワードに

2016年1月13日

  • 経営コンサルティング本部 主任コンサルタント 安井 明彦

サマリー

◆イノベーションは、①リニアなイノベーション、②組換え型イノベーション、③カテゴリー創出型イノベーション、という3つに分類される考え方がある。この類型に従えば、新しいセグメントを創造する「カテゴリー創出型」は企業にとって最も盤石なポジションを確立できるものと言え、最近日本企業においても事例が増えてきている。

◆カテゴリー創出型イノベーションとみられる業種も規模も多様な7つの日本企業の事例を分析すると、いずれもこれまでの固定観念を否定するところから新たなマーケットを発見していった。すなわち、「一段広い視野」で物事を観察した結果を基に、「一段高い視座」から自分たちの志を明確にすることで、これまでの常識を超えた「一段大きい価値」を実現した、という一連のプロセスをたどっている。

◆一番のポイントは、このプロセスの起点、すなわち日常的な競争ステージの内部の視点から脱却し、その外側も含めた事業環境全体を「俯瞰する」ことができるかどうかである。カテゴリー創出型イノベーションは「俯瞰する」ことから始まるのである。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

執筆者紹介

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー