<実践>イノベーション経営
イノベーション経営に求められるものとは

顧客価値の創造こそイノベーション経営の本質

2014年7月17日

  • 経営コンサルティング部 主任コンサルタント 安井 明彦

サマリー

◆本来イノベーションとは、ものづくりや技術の領域に限ったことではなく、ビジネスモデル全体に関わるものである。ビジネスモデルを顧客に対する価値提供の仕組みと考えれば、イノベーションとは顧客価値を高めることにその本質がある。

◆顧客価値を高めたという観点でイノベーションの事例を見ると、①新たな顧客価値を創造していること、②そのポイントは、既存の思考の枠から脱却できたこと、が共通点として見出せる。

◆こうしたイノベーションを推進していく経営に求められるのは、①出発点として、顧客価値に対する強烈な「気付き」や「心の叫び」があること、②「気付き」や「心の叫び」を全社を巻き込む大きなうねりとしていける、手立て・哲学・環境が社内に存在すること、である。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

執筆者紹介

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー