個別経営課題対応型コンサルティング 水道・水ビジネス

水道をとりまく環境は厳しく、公共インフラ、とりわけ水道管の老朽化が問題となっています。財政悪化で予算制約が厳しい上に、人口減で料金収入は先行き減少が見込まれています。技術者の不足も問題です。こうした課題を踏まえ、シンクタンクの研究活動を活かし、戦略的な水道経営の推進を幅広く支援いたします。
ただし見方を変えれば、水関連の民間企業にとっては大きなビジネスチャンスです。単純な業務受託から水道経営まで、官民それぞれにメリットが見いだせるような官民連携のお手伝いをいたします。

水道ビジョンその他各種計画の策定支援

現状と将来見通しを分析・評価し、水道のあるべき将来像を定めた上で、その実現のための具体的な施策や工程を包括的に示した体系を「水道ビジョン」に表します。安心、安定、持続の観点から定量目標KPIを明らかにし、お客さまはじめ水道に関係するすべての方にわかりやすい経営計画の作成を支援いたします。

  • 修正損益計算書を活用した財務分析、これを踏まえた問題抽出、及び解決策の提示
  • KPI(Key Performance Indicator、重要業績評価指標)による管理手法の導入支援
  • 水道ビジョン検討委員会の運営支援
  • 中長期財政計画の策定支援
  • 水道アセットマネジメントの検討支援  管路更新、耐震化計画の策定支援

関連記事

民間委託ほか経営改善支援

水道ビジョンの策定とは別に、経営改善につながるソリューションを幅広く提供いたします。たとえば業務委託を検討するケースでは、まずは局内業務を業務フロー図に起こすことからはじまります。これを踏まえ作業改善で解決できるもの、IT化により短縮できるものを分類し、残る部分の行政コストを計算した上で、合理的な民間委託の範囲と形態を見出します。

  • 議会及び住民説明資料の作成支援
  • 業務プロセス分析と、これを踏まえた官民役割分担の決定
  • 第三セクター設立、業務委託契約策定支援
  • PFI導入検討支援

関連記事

水道版バランススコアカード(BSC)作成支援

水道事業は独立採算原則ですが、それでも利益追求だけではなく、顧客の視点、職員の視点に立った経営を心がけなければなりません。複数の視点をバランスよくかつ計数(KPI)をもってマネジメントする。これがバランススコアカードのコンセプトです。大和総研では厚生労働省や経済産業省の受託研究を通じて、バランススコアカードを水道広域化の効果説明や民間委託した際のモニタリングの方法として提案しています。こうした研究成果を活用し、水道事業のバランススコアカードの導入支援を提供いたします。

関連記事

水道広域化検討支援

長期的にみれば、水道システムは水系や都市生活圏の単位で広域運営するのが合理的です。大和総研は、研究成果を活かして、水道広域化の検討にあたって効果測定やロードマップ策定、関係者への説明や検討会の運営まで、幅広く支援いたします。

  • 広域化メリット算定、シミュレーション策定支援
  • 広域化検討委員会の運営支援

関連記事

水ビジネス進出コンサルティング

世界的に伸びが見込まれる水ビジネス。まずは国内での事業実績を作ることがポイントです。水道分野の民間受託を広げるにあたって、官民の両方に通暁したコンサルタントが支援いたします。独立採算型PFI、コンセッション方式などの検討についても研究成果を活かしたサービスを提供いたします。

関連記事

お問い合わせ先

経営コンサルティング部副部長 鈴木 文彦

関連サービス

地方自治体の行政改革、財政健全化に向けたとりくみを支援いたします。民間経営の視点を加えたキャッシュフロー分析が強みです。行政サービスの見直し、外郭団体の整理、行政コスト計算や民間委託など、行政運営に関する幅広い論点をカバーいたします。

業務プロセスを「見える化」し、要素工程の入れ替え、アウトソーシング、IT化の検討を通じて品質向上、コスト削減そしてリードタイムの削減をはかります。

お問い合わせ

コンサルティングに関するお問い合わせは大和総研が承ります。

お問い合わせ

コンサルティング

コンサルタント

セミナー