個別経営課題対応型コンサルティング セミナー『PRE戦略へのマーケティング活用と具体手法』ご案内

大和総研コンサルタントが講師を務める講座をご紹介いたします。

セミナー

人口減少時代の公共施設の有効活用とインフラ整備
『PRE戦略へのマーケティング活用と具体手法 ~まちづくり、PRE戦略やPFIに関わる事業者・自治体ご担当者を対象~』

終了しました

講義内容

道路、上下水道、市庁舎など公共インフラ老朽化が問題になっています。早急な更新が求められる一方で地方財政は危機的な状況。人口減少時代を迎え、高齢化、車社会化など公共インフラを取り巻く環境は大量整備の時代に比べ大きく変化している点も見逃せません。新規整備のときと明らかに異なる住民ニーズをいかに把握し、何を提供すべきなのか、マーケティングに通じる戦略性が求められています。あわせてPPP/PFIなど、民間ノウハウを活かし低コストで良質の公共インフラを整備する手法に期待が寄せられています。

本講では、いわゆるPRE戦略(公的不動産の有効活用)を踏まえ、変化する都市構造や住民ニーズの把握、手持不動産の優先順位付け等々について、PPP/PFIなど官民連携手法を織り交ぜつつ解説します。自治体のまちづくり御担当、PRE戦略やPFIに関わる事業者まで、さまざまな角度のヒントが得られる内容です。

重点講義項目

  1. 公共施設の有効活用にまつわる論点
    1. 公共インフラ老朽化問題
    2. 財政危機下で求められる自治体財政の自立
    3. 改正PFI法、コンセッション方式の考え方
  2. 何を、どう作るべきか、都市施設の整備に必要な3つの観点
    1. 変化する都市構造と施設ニーズの把握の方法
      -都市の吸引力、年齢構成、交通手段、山の手と下町、子育て世代の集積
    2. 公会計と、施設別コスト・ベネフィットの算出方法
    3. 市町村の財政制約の見方
  3. 事例から得られる教訓とアイデア
    1. 用途転換(コンバージョン)による施設整備費の節約
    2. PFI活用事例にみる民間活用の意味
      -コスト節減、収益施設の併設、博物館から集客施設へコンセプト転換効果
    3. 民間が施設整備し自治体に寄附するモデル、など
      -球場整備事例にみる官民連携メニューの使い分け等-
  4. 関連質疑応答

講師

株式会社大和総研 経営コンサルティング部 副部長 鈴木 文彦

開催日時

2013年9月27日(金) 13時20分~15時20分(開場:13時5分)

会場

銀座フェニックスプラザ(紙パルプ会館内) 東京都中央区銀座3-9-11

参加費

1名20,916円(19,920円+消費税)
2名(同一法人)同時申込37,632円(35,840円+消費税)

主催

株式会社日本ナレッジセンター

コンサルティング

コンサルタント

セミナー