コンサルティングセミナー 『ストック・オプションセミナー』開催のご案内


昨今、日本版スチュワードシップ・コードやコーポレートガバナンス・コード(以下、CGコード)の策定を機に、各企業のガバナンス体制の見直しが求められています。企業の「稼ぐ力」を強化し、成長戦略に合致した「攻めのガバナンス」体制の確立のためには、役員報酬における「インセンティブ付け」の比重が重要になってくるものと思われます。

今回のセミナーでは、第一部でCGコードによる役員報酬への影響と今後の方向性を、事例を交えてご説明した後、続く第二部では、業績連動報酬として近年導入が増加しているストック・オプションについて、他の業績連動報酬制度との比較を踏まえ、その特徴や活用ノウハウについてご紹介いたします。この機会に是非ともご参加ください。

なお、ご出席が困難な場合には資料請求のみでも受付を行っております。

終了しました

1.日時・場所

大阪会場

2015年9月8日(火)15:00~17:00(開場 14:30)

大和証券株式会社 大阪支店  9階セミナールーム
大阪市北区曽根崎新地1-13-20
大阪支店へのご案内新しいウィンドウで開きます

東京会場

2015年9月10日(木)15:00~17:00(開場 14:30)

株式会社大和証券グループ本社 18階コンファレンスホール
東京都千代田区丸の内1-9-1 グラントウキョウノースタワー
グラントウキョウ ノースタワーへのご案内新しいウィンドウで開きます

2.お申し込み方法

出席申込書に必要事項を記載のうえ、E-mailまたはFAXでご送付下さい。

E-mail so@dir.co.jp

FAX 03-5620-5334

3.講演内容(内容は各会場共通となります)

(15:00~15:05)

ご挨拶

第一部
(15:05~15:55)
【50分】

『コーポレートガバナンス・コードによる役員報酬への影響と今後の方向性
~TOPIX100対象会社の事例を参考として~』

本年から適用されたコーポレートガバナンス・コードでは、「攻めのガバナンス」および「実効的なコーポレートガバナンス」の実現を目指すことが謳われており、各企業においては、自社に合った実効性あるコーポレートガバナンスの在り方を見つめ直す契機となっております。
その中でも「役員報酬」は、「社外取締役の選任」と並ぶ注目テーマであり、持続的な成長と連動するインセンティブ付けは特に重要なポイントであると言えます。
本セミナーでは、企業成長の鍵となる取締役等の指名・報酬に係るCGコードの体系・考え方と、役員報酬・業績連動報酬の現状・傾向について、TOPIX100対象会社の公表内容(有価証券報告書・コーポレートガバナンス報告書)をベースにご説明いたします。

講師 株式会社大和総研 コンサルティング・ソリューション第一部
副部長 元秋 京子

第二部
(16:05~17:00)
【55分】

『中長期インセンティブとしてのストック・オプション活用ノウハウ
~各種業績連動報酬制度との比較を踏まえて~』

コーポレートガバナンス・コードを契機に、中長期的な企業業績と連動する報酬制度に対して関心が高まっています。特に自社株を活用した報酬制度であるストック・オプションは、税制面の優遇や制度設計の柔軟性などのメリットから広く活用されており、中長期的インセンティブとして有力な選択肢の一つです。
ストック・オプション以外の業績連動報酬制度との比較を通じて、その特徴を整理しつつ、ストック・オプション活用のノウハウをご紹介いたします。

講師 株式会社大和総研 コンサルティング・ソリューション第三部
上席課長代理 小林 一樹

4.受付票

お申し込み頂きましたお客様には8月下旬を目途にE-mailで受付票を送信いたします。
受付票は入場チケットになりますので、プリントアウトして頂き、当日、お名刺を添えて受付までお持ち下さい。
なお、会場案内図および当日の受付のご案内については、受付票でご確認下さい。

5.参加費

無料(事前登録制)

6.お問い合わせ先

株式会社大和総研  コンサルティング・ソリューション第三部
TEL:03-5620-5307  セミナー担当(風間、小針)


コンサルティングに関するお問い合わせは大和総研が承ります。

お問い合わせ

コンサルティング

コンサルタント

セミナー