各種実務支援対応型コンサルティング M&A

わが国でも多くの企業が経営戦略の手段として、M&A・グループ再編を活用することが一般的となってきました。 大和総研では、M&Aの入口(戦略立案)から出口(PMI)までを、トータルにアドバイス、サポートするとともに、派生して発生する経営課題に関しても適切なアドバイス、サポートを行えるリソースを有しております。

M&A戦略策定支援

大和総研は、数多くのコンサルティング実績から「あるべき経営戦略とは何か」を熟知しており、その延長線上に「あるべきM&A戦略」を構築いたします。
M&Aを使って何をしたいのかを十分に検討せず、早急な判断を迫られ、場当たりで決定してしまうと、「経営戦略と整合しないM&Aを行ってしまった」とか、「M&A戦略そのものが誤っていた」という結果になってしまう場合があります。一方で、M&Aは経営戦略の重要なツールとして、常に検討しておくことが重要であり、場合によっては、積極的かつ迅速に行動することが求められます。
「理想的なM&A戦略とは何か」というテーマをお客様とともに追い求めて参ります。

ビジネス・デューデリジェンス

M&A取引において重要性が認知されつつあるビジネス・デューデリジェンス(ビジネスDD)においては、「スピード」と「深い分析力」の両立が強く求められています。
大和総研では、多彩なバックグラウンドを有する専門家が、数多くの経験を通じて磨き上げた漏れ・無駄のない調査手法により、スピーディーかつ要点を押さえた分析を行います。また、単なる過去・現在の報告に終始せず、投資後を見据えた将来視点での調査・分析にも力点を置き、お客様ならびに投資先のバリューアップという、M&Aにおける真の果実を生み出すためのビジネスDDを提供いたします。

PMI経営統合支援

M&A成功の鍵は、M&A実行後の実質的な統合作業の成否にかかっているといっても過言ではありません。トップマネジメントの強力なリーダーシップの下、早期に現場レベルまで統合の意義と統合後の運営方針が周知徹底される必要があります。
大和総研では、統合効果の早期実現、競争優位性の獲得、企業価値の向上といったM&Aの本質的な目的を実現するため基本構想フェーズ、体制構築フェーズ、統合定着化フェーズの3つのコンサルティングフェーズごとに重点検討テーマを設定し、効果的かつ効率的なPMI経営支援を実施いたします。

M&A手続きの支援等のFAサービス

M&Aに係るスケジュール策定及び進捗管理、意向表明書の作成等の部分的なサポートなど、交渉が不要な簡易FA(M&A工程管理)を提供しております。また、ご相談に応じて、フルサービスのFAも提供いたします。

関連サービス

企業買収、合併、株式交換から子会社株式の買い増しなどに際し、その価格や比率の妥当性を公正に評価いたします。

企業グループにおける全体最適の実現や意思決定の迅速化を実現する持株会社体制の導入に関するアドバイスを行います。

再編スキームの検討からグループ再編後のグループ経営まで、グループ再編に関する一連のアドバイスを経営企画、総務、財務、人事部門様等に対して行います。

お問い合わせ

コンサルティングに関するお問い合わせは大和総研が承ります。

お問い合わせ

コンサルティング

コンサルタント

セミナー