個別経営課題対応型コンサルティング 持株会社化

経営統合の前段階として株式移転等による持株会社体制を採用することに加え、企業グループにおける全体最適の実現や意思決定の迅速化など、グループ経営戦略における組織体制として持株会社体制を導入する企業グループが増えています。

持株会社体制への移行には、通常、会社法における組織再編の手続き(会社分割・株式移転等)が必要となります。大和総研では、会社法・金融商品取引法等の法令に基づくスケジュール策定や書類作成に関連して、企業の経営企画部門や総務・財務・人事部門等にアドバイスを行っております。
また、手続き実施の前段階におけるスキーム検討についてのご相談も受けております。

持株会社体制における円滑な運営には、持株会社の役割や機能の明確化、安定した収支構造の設計、グループ運営体制の整備等が欠かせません。
大和総研ではグループ再編コンサルティングの延長として、持株会社体制移行にあたっての体制整備に係るアドバイスも行います。

関連サービス

企業買収、合併、株式交換から子会社株式の買い増しなどに際し、その価格や比率の妥当性を公正に評価いたします。

M&Aの入口(戦略立案)から出口(PMI)までを、トータルにアドバイス、サポートするとともに、派生して発生する経営課題に関しても適切なアドバイス、サポートを行います。

再編スキームの検討からグループ再編後のグループ経営まで、グループ再編に関する一連のアドバイスを経営企画、総務、財務、人事部門様等に対して行います。

お問い合わせ

コンサルティングに関するお問い合わせは大和総研が承ります。

お問い合わせ

コンサルティング

コンサルタント

セミナー