エマージング・マーケット・ニュースレター
ラオスにおけるバイオ燃料生産事業の現状と課題

2012年1月30日

  • アジア事業開発本部・研究チーム 瀬越 雄二
  • 高田直也
  • 吉田仁

サマリー

◆近年の国際市場における原油価格の高騰は、石油依存度の高い開発途上国にとって深刻な問題となっている。このような状況の下、世界各国においてバイオ燃料開発が注目されており、ラオス政府もバイオ燃料開発に向け取り組みつつある。

◆本稿では、ラオスにおけるバイオ燃料開発の事業環境について、政策、生産市場、経済開発の3点から概観する。また、ローカルニーズを踏まえた上で、ラオスにおけるバイオ燃料開発事業のビジネスモデルを検討する。

大和総研リーディングアジア

大和証券グループのアジア戦略と連携して、アジアにおけるお客様のビジネス展開をサポートするため、リサーチ、コンサルティングの両面からソリューションを提供します。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー