コンサルティングレポート
機関投資家に学ぶ社外取締役の実効性

外形面からの評価は改善。実効性のポイントは説明責任

2013年10月25日

  • コンサルティング・ソリューション第一部 主任コンサルタント 深澤 寛晴

サマリー

◆コーポレート・ガバナンス(CG)向上の必要性が指摘されて久しい。外形面(社外取締役の設置等)では機関投資家からも一定の評価を得ている。

◆一方で社外取締役の実効性、すなわち企業価値向上への貢献については課題が少なくない。本稿では、機関投資家自身を例にとって社外取締役の実効性について考える。機関投資家が投資の執行機能を、そのスポンサーである年金基金が監督機能を担うと考えれば、株式会社のCGと平仄が揃うためだ。

◆年金基金による監督機能は説明責任重視。社外取締役による監督機能も同様に考えると、社外取締役の役割が明確化になり、社外取締役の実効性も高まるのではないか。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー