コンサルティングレポート
横浜市の三セク債について

地方財政健全化の動きが広がる

2013年7月31日

  • コンサルティング・ソリューション第三部 主席コンサルタント 中野 充弘
  • 経営コンサルティング部 主任コンサルタント 鈴木 文彦

サマリー

◆地方財政健全化へ向けて、三セク債発行(今年度が特例期間の最終年度)の動きが広がっている。

◆横浜市は今下半期に1380億円の三セク債発行を計画し、土地開発公社を解散する方針。昨年度の試算によれば120~160億円の金利負担減の見通し。

◆表面上の市債残高は増加するが、外郭団体などに対する負担分も考慮した「市全体の借入金」でみると、中期計画通りに減少傾向を続ける見通し。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

執筆者紹介

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー