コンサルティングレポート
ポスト持合い時代への対応

資本市場との関係の再構築が求められている

2012年6月29日

  • コンサルティング・ソリューション第一部 深澤 寛晴

サマリー

◆金融機関が政策保有(主に持合い)株式の売却を進めた結果、安定株主が減少している。株主総会で会社提案への賛成率が低迷するケースが散見されるなど、日本企業の敵対株主リスクが高まっている。グローバルな経済・市場環境もその傾向を助長している。

◆敵対株主リスクへの対応として、資本市場との対話により安定株主以外の株主の信任を高めていくことが求められている。具体的には(A)投資家の視点から企業の将来を語る(コーポレート・ストーリー)こと、(B)(A)の実施を監督する機能としてのコーポレート・ガバナンスの向上を図ること、(C)(A)及び(B)に関して投資家に正しく伝えること、の3つ。

◆企業は資本市場に関連して多くの課題を抱えている。相互に関連しているケースが多く、複数の課題を整理して対応していくこと、すなわち資本市場との関係を再構築していくことが求められている。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー