コンサルティングレポート
2012年株主総会シーズンの展望

独立した社外取締役の設置などコーポレートガバナンスが本格的な論点になる

2012年6月28日

  • コンサルティング・ソリューション第一部 藤島 裕三

サマリー

◆続発した企業不祥事などを背景に、わが国企業に対するグローバル投資家の見方は厳しくなっている。また資本市場の要請に応える形で、ガバナンス関連の規制強化は加速する流れにある。

◆2011年の株主総会シーズンは、監査役選任や退職慰労金贈呈などの議案で、賛成率が著しく低い事例が見られた。2012年は取締役選任など、より広範な議案で影響が生じる可能性がある。

◆投資家に自社のガバナンス観を説明するため、また規制強化に十分な準備を以て対応するため、ガバナンスの中長期展望を備えることが望ましい。上場会社のリスクマネジメントといえる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー