コンサルティングレポート
M&Aにおける買収価格の考え方

~ひとつの方法に固執せず、多面的な評価が必要~

2012年5月16日

  • 経営コンサルティング部 間所 健司

サマリー

M&Aが活況を呈している中、MBO価格に対する訴訟が相次いでいる。また、巨額な損失を隠すために、M&Aにおける不透明な取引と会計処理を行った会社については記憶に新しい。最近では、買いたい、売りたいという意欲のみが先行して、まともな価格交渉すら行われないケースも見られる。

本稿では株式の価値、事業の価値の一般的な測定方法を紹介し、それをもって経営者あるいは会社のM&Aに関係する部署の方々に初期的なバリュエーションをするに当たっての基礎的な知識を得て頂くことを目的としている。

買収するばかりではなく、一方で、企業は常に買収される危機にさらされている。経営者として自社の企業価値を把握し、今後どのように高めていけばいいのかを考える上での一助となることを期待したい。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー