特別企画レポート「2025年問題」

アベノミクス下での景気回復局面において、小売や外食産業をはじめとする、労働集約型産業における人手不足が問題になっています。これは、高齢化や人口減少の問題が顕在化したものだと言えます。人口減少や年齢構成、世帯構造の変化がビジネスに与える影響は労働面だけでなく、消費構造等も含めて劇的なものになると予想されます。
「2025年問題」シリーズでは、団塊の世代が全て後期高齢者(75歳以上)になり、団塊ジュニアの世代が全て50歳代に突入する2025年をメルクマールに、人口動態、労働力、家計消費、ライフスタイル、人材に焦点をあて、この問題についてビジネスの視点で検討していきます。

2025年問題特別企画レポート



大和総研が取り組む重点テーマのご紹介

<実践>経営ビジョン・経営計画

個別論を排し全体観を持つことが、経営ビジョン・経営計画の策定には必要不可欠です。
大和総研は、経営ビジョン・経営計画の策定の在り方について、マトリクス思考・キューブ思考・ループ思考を用い、全体観を持って考察してまいります。

<実践>ヒューマンリソース

超高齢化やグローバル化、そして人材の価値観の多様化に適応していくためには『人』に関する潜在的なテーマを発掘し、効果的な対策を検討するプロセスが不可欠です。
大和総研は、自由闊達な議論をベースに、経営と人材の関係を最適化できる有効なモデルや具体的な解決策の構築に取り組んでまいります。

書籍 人材マネジメント大転換「健康戦略」の発想と着眼点

本書は20年後の社会を予測したうえで、企業が現在取り組むべき課題に対し、ひとつの解答を示したものである。特に「社員の健康」「多様性の受容」「人件費=投資」の3つの視点が重要である。

将来の人口構造や社会の変化、特に若者を中心とした消費行動の変化、技術革新などの動向も考慮しつつ、企業と人材を取り巻く環境や関係がどのように変化するか、その変化に対して効果的な施策を打つために、今から何を考え、実行に移すべきかについて考察する。

お問い合わせ

コンサルティングに関するお問い合わせは大和総研が承ります。

お問い合わせ

コンサルティング

コンサルタント

セミナー