アジア

ベトナム政府の対外直接投資調査団が大和総研を訪問

2010年10月15日

10月15日午後に、ベトナム政府から対外直接投資に関する調査団が大和総研を訪問しました。計画投資省のグェン・ビック・ダット元副大臣を団長に、財務省、中央銀行、商工省など各省庁から10名のお客様を迎えました。大和総研は同調査団が来日中に訪問した唯一の民間企業となります。

当日は、大和証券グループのベトナムでの活動をご紹介し、弊社チーフエコノミストの原田泰より日本の経済発展と対外直接投資の関係について講演を行いました。ダット団長をはじめとした調査団のメンバーからは、対外直接投資に留まらず、為替政策や中央銀行の役割など幅広い分野で多くの質問があり、予定時間を越えて活発な議論が交わされました。大和総研においては今後も様々な分野における同国への協力・支援を通じ、日越両国の経済発展に貢献していきます。

大和総研リーディングアジア

金融・資本市場、経済動向、各種制度をはじめとするリサーチ、アジア地域における事業展開に係るコンサルティングなど、大和総研はアジア諸国を中心にグローバル・ビジネスの展開・拡充を支援していきます。

お問い合わせ

事例紹介(アジア)に関するお問い合わせは大和総研が承ります。

お問い合わせ