TOP >  最新データなど >  DSIについて

最新データ
ダウンロード
移転、交換、合併対応
English

大和日本株インデックス(DSI:Daiwa Stock Indices)とは
 
大和日本株インデックスは、大和総研と大和証券が共同で
開発した日本株のパフォーマンス・インデックスです。

目次
    
1.大和日本株インデックスの体系
2.スタイルインデックスの概要
3.規模の区分
3-1.規模の区分
3-2.時価総額
4.バリュー・グロースの区分
4-1.VG指標の作成
4-2.連結対応と予想データ
4-3.バリュー・グロース判別値の作成
4-4.バリュー・グロース・ウエイトの作成
5.大和日本株インデックスの種類
6.インデックスの算出方法
7.サービスの内容
 
1.大和日本株インデックスの体系


大和日本株インデックス(DSI)は、DSI-1、DSI-2を内訳とするインデックスの総称。DSI-1、DSI-2は各々下記の構成となっている。
インデックスの体系

2.スタイルインデックスの概要


配当込み時価総額加重型のインデックス
・DSI-2は上場時価総額、DSI-1は浮動株考慮の流通時価総額ベース
ユニバースは、札証、福証単独上場の銘柄を除く、全ての内国銘柄
基本的なスタイル区分は4区分
・大型、小型
・バリュー、グロース
大型をTOPとNEXTに分け、サブインデックスとして提供
インデックスの起点
・1983年12月末
・バリュー、グロース以外のDSI-2:1979年12月末
連結対応ファクターによるバリュー・グロース区分(1989年6月末から)
インデックスの構成銘柄の見直しは6、12月末の年2回
東証1部のみを対象としたインデックスも提供

スタイル区分のイメージ(2000年12月末時点のDSI-1)

3.規模の区分
3-1.規模の区分
規模の判別値には時価総額(DSI-1では浮動株考慮の流通時価総額、DSI-2では上場時価総額)を使用
規模の区分は大型・小型の2区分を基本とし、サブインデックスとして大型をさらにTOPとNEXTに区分
規模は絶対銘柄数で区分

大型

:時価総額上位500銘柄
小型 :残りの銘柄
TOP :時価総額上位100銘柄
NEXT :時価総額上位101銘柄から500銘柄の400銘柄
3-2.時価総額
DSIでは個別銘柄のウエイトのベースとして2通りの時価総額によるインデックス(DSI-1では浮動株考慮の流通時価総額、DSI-2では上場時価総額)を公表
DSI-1における流通時価総額には、東洋経済新報社の少数特定者持ち株数を用い、DSIの定義による「浮動株比率」を算出している。「浮動株比率」は、新規銘柄等データがない場合や0.2以下の数値となる場合に、0.2を使用。
「浮動株比率」=1-(少数特定者持ち株数÷発行済み株式数)
:年2回、6・12月のリバランス時に更新
流通時価総額=(発行済み株式数×「浮動株比率」)×株価
:日次更新
上場時価総額=(発行済み株式数-優先株・後配株・政府保有分)×株価
:日次更新
4.バリュー・グロースの区分
4-1.VG指標の作成
VG指標の考え方
・バリュー・ファクター、グロース・ファクターから、バリュー・グロース判別のためのVG(バリュー・グロース)指標を作成
採用4ファクター
A.実績BP(バリュー) :実績自己資本/時価総額
B.実績EP(バリュー) :実績税引利益/時価総額
C.予想ROE(グロース) :予想税引利益/実績自己資本
D.予想成長率(グロース) :予想増収率と予想増益率の平均ランキング
4ファクターの合成
各ファクターのランキングを合成して、VG指標を作成
VG指標=A.実績BPランキング + B.実績EPランキング −C.予想ROEランキング − D.予想成長率ランキング
*ランキングは、各ファクターごとに数値の小さい順
4-2.連結対応と予想データ
財務データ
・VG指標を構成するファクターについては、1989年6月末以降連結優先ロジックを採用している。
(1989年3月より、連結財務諸表は単体財務諸表と同じく決算後3ヵ月以内に提出することとなり、同じ有価証券報告書に組み込まれることになった。)
予想データの出所
・予想データの出所は一般性を勘案し、会社予想と東洋経済新報社予想に限定、各時点での最新予想を使用するロジックを用いている。
予想データの定義
東洋経済新報社による連結ベースでの2期先予想の発表に対応し、2000年6月末の銘柄入替時より、グロースファクターで用いている予想税引利益と予想売上高は、1期先予想と2期先予想の平均値を使用。それ以前は、1期先予想のみを用いている。
4-3.バリュー・グロース判別値の作成
規模とバリュー・グロースの関係を考慮
・規模とバリュー・グロースの関係を考慮し、時価総額と銘柄数のバランスを保持するため、対数時価総額と正規化VG指標とで回帰を行う。
・VG指標の正規化には、BLOMの近似を用いている。
正規化VG指標=逆累積正規分布関数{(VG指標の順位−3/8)/(銘柄数+1/4)}
回帰の具体例(2000年12月末時点)


バリュー・グロース判別値の定義
バリュー・グロース判別値=正規化VG指標値−回帰線上の理論指標値
4-4.バリュー・グロース・ウエイトの作成
バッファーとウエイト
・バリュー・グロース判別値の0を中心に各々10%のバッファー・ゾーンを設定
・バッファー・ゾーン外の判別値が十分大きい銘柄をバリュー、十分小さい銘柄をグロースと定義
・バッファー・ゾーン中の銘柄は、バリューとグロースの両方のウエイトを持つ
バッファー・ゾーンとバリュー・グロースのウエイト

バリュー・グロースバッファーの銘柄
・銘柄ごとにバリュー・グロース双方にウエイトをもつ。銘柄ごとにウエイトは合計1。バリューウエイト+グロースウエイト=1。
2000年12月末のDSI-1

DSI-2のスタイル:比較用
・銘柄ごとに、規模には0か1、VGには0〜1のウエイトを持つ。銘柄ごとに、ウエイトは合計1。バリューウエイト+グロースウエイト=1、大型+小型=1。
2000年12月末のDSI-2

5.大和日本株インデックスの種類
スタイルインデックス
  全体 バリュー グロース



総合インデックス バリューインデックス グロースインデックス
大型インデックス 大型バリューインデックス 大型グロースインデックス
小型インデックス 小型バリューインデックス 小型グロースインデックス

TOPインデックス TOPバリューインデックス TOPグロースインデックス
NEXTインデックス NEXTバリューインデックス NEXTグロースインデックス
33業種、大和7セクター・インデックス
33業種 大和7セクター 33業種 大和7セクター
繊維製品
パルプ・紙
化学
ガラス・土石製品
鉄鋼
非鉄金属
素材株
インデックス
電気・ガス
陸運
海運
空運
倉庫・運輸関連
情報・通信
運輸・公益株
インデックス
機械
電気機器
輸送用機器
精密機器
加工・組立株
インデックス
卸売
小売
サービス
サービス株
インデックス
食料品
医薬品
石油・石炭製品
ゴム製品
金属製品
その他製品
その他製造業株
インデックス
銀行
証券
保険
その他金融
金融株
インデックス
水産・農林
鉱業
建設
不動産
その他非製造業株
インデックス
特殊分類インデックス
大型産業株インデックス
大型金融株インデックス
日本株総合インデックス(除く金融)
・大型金融株は、大型のうち大和7セクターの金融株インデックス
・大型産業株は、大型のうち金融株を除くインデックス
*大型=大型産業株+大型金融株
・日本株総合インデックス(除く金融)は大和7セクターの金融株を除くインデックス
6.インデックスの算出方法
対象
・札証、福証単独上場の銘柄を除く全ての内国銘柄
・ただし日銀、外国株を除く普通株
銘柄入替
・年2回、6月末と12月末(ただし、6月25日と12月25日の最新データでVG・規模区分を決定する
株価
・対象銘柄の終値
インデックスの基準
・1983年12月末=100
計算方法
@個別銘柄のリターンを配当込みで算出
A個別銘柄のリターンを前日の時価総額で加重平均し、インデックス・リターンを算出
B「前日インデックス指数×(1+インデックス・リターン)」により、当日インデックス指数を算出
対象銘柄の異動
・新規上場は原則として次回銘柄入替時
株式移転、株式交換、合併に伴う新規上場は、上場時価総額が上位500位以内なら、上場廃止日から組み入れ
・上場廃止、整理ポスト割当ては発生日
7.サービスの内容
提供データ
・インデックス(指数値)
・投資収益率
・インデックス時価総額ウエイト...等、インデックス情報
・採用銘柄リスト、バリュー・グロース判別値、時価総額構成ウエイト...等、リバランス時の銘柄情報
*6月・12月25日の翌々営業日に、月末リバランス後のスタイル区分・参考ウエイトを公表
・月次データ:1983年12月末〜、(バリュー・グロース以外のDSI-2は1979年12月末〜)
・日次データ:1996年6月末日〜
データ提供方法
・インターネット(http://www.dir.co.jp/InfoManage/datarsc-s.html)
・情報ベンダー [順不同]
 QUICK(DIRJ100-108)
 Bloomberg(DIDX)
DSIのお問い合わせはこちらまで 
Last Revised: Apr 1 2012

Copyright© 1995-2013 Daiwa Institute of Research Ltd.